エクストラゼロフェスティバル開催中

現在マスターデュエルにてエクストラゼロフェスティバルが開催されております。(7/28 12:59まで)私は最近アカウント2つ目を作ってやっているのですが、サブアカウントはあまりカード資材がそろっていないのでレンタルのマシンナーズで今日は少し潜っていたのですが、これがなかなか強いです。フォートレス、カーネル、ルインフォースと大型モンスターがどんどん墓地から出てくるので割とごり押しが効きます。レンタルのためリミッター解除が1枚しかなかったり、手札があっという間に切れたりという欠点はありますが、今回のレンタルデッキでは一番安定して強いのではないかと思います。

 

今回はメインの方のアカウントで使用している勇者ウィッチクラフトについてデッキ紹介をしようかと思います。もともとウィッチクラフトエクストラデッキに頼らないデッキのため、いろいろな過去イベントでも使用されていたようですが、今回勇者シリーズも実装されたので、実際にウィッチクラフトをイベントで使用することとなりました。構想はあって実際に組み合わせたのを試すのは初めてですが、感触は悪くなかったのでご紹介します。

 

目次

デッキレシピ

メインデッキ 42

エフェクト・ヴェーラー

ドロール&ロックバード

ウィッチクラフト・ジェニー

幽鬼うさぎ

灰流うらら 2

ウィッチクラフト・ピットレ 2

聖殿の水遣い 2

ウィッチクラフト・シュミッタ 3

アーティファクトーロンギヌス

ウィッチクラフト・ハイネ 2

流離いのグリフォンライダー

ウィッチクラフトマスター・ヴェール

サンダー・ボルト

ハーピィの羽根帚

名推理 3

ウィッチクラフト・クリエイション 3

ウィッチクラフトサボタージュ 2

ウィッチクラフト・コラボレーション

ライトニング・ストーム

アラメシアの儀 2

騎竜ドラコバック

ウィッチクラフトバイストリート

運命の旅路

墓穴の指名者 2

抹殺の指名者 2

ウィッチクラフト・デモンストレーション

無限泡影

ウィッチクラフト・パトローナス

 

エクストラデッキ 0

 

採用カードについて

・手札誘発系

ドロール&ロックバードアーティファクトーロンギヌスはふわんだりぃず対策に、幽鬼うさぎは勇者系デッキの対策に投入しています。エルドリッチに関しては割り切った構築となっています。ちょっと対策が中途半端なところもありますが、デッキに枠がないです。名推理入れている以上これらもめくれる可能性がありますし。刺さるデッキが少なそうなので増殖するGは不採用、うららも2枚だけの採用です。ヴェーラーと無限泡影は効果無効枠で1枚ずつの採用です。灰流うららや墓穴の指名者など、誘発系には弱いデッキですので、指名者は2:2での投入です。抹殺は3あった方がいいですが、3枚目はまだ作っていません。

 

ウィッチクラフトカードについて

シュミッタは墓地効果も強力なので3、ピットレは手札交換が優秀なので2、ジェニーはもともと2だったのですが、誘発に枠を取られて1、ハイネは大型が2枚だとリクルート先がすぐ尽きるので2(対象耐性もあるので2枚入れて並べたい)、ヴェールは手札に来られても困るので1となります。魔法・罠としてはクリエイション3、サボタージュ2、デモンストレーション1、バイストリート1、パトローナス1を基準として調整していましたが、アタッカーは基本ハイネだけ(勇者トークンやグリフォンがいることもあるけれど)なので攻撃回数増やせるコラボレーションを追加。最大打点が2400なのでそれ以上なのが立たれるとハイネのみではしんどいのでUR工面してアルル入れるか考え中。

 

・勇者など他採用カードについて

勇者系カードとしては、水遣い2、グリフォンライダー1、アラメシア2、運命の旅路1、騎竜ドラコバック1の人気出張7枚セットの採用です。名推理はウィッチクラフト系魔法カードを落とす役兼フィールドにウィッチクラフトモンスターを出す(運良ければ)役割となります。モンスターはまだ多い方ですので、魔法が落ちず手札誘発が出てくることもままあります。